海外からの観光客が急増!経営戦略に取り入れるチャンス!

増え続ける海外の日本食ファン

もともと海外では、日本食はヘルシーというイメージが定着しているようです。日本人に肥満の人が少ないことも影響しているようですが、平均寿命が男女とも世界のトップクラスであることも、日本食と健康を結びつける理由かもしれません。日本人のように、素材の味を活かした調理方法は他の国にあまりない文化だといえます。さらに、生の魚を食するという国はほとんど存在しません。日本の文化全体に神秘的な印象を持つ海外の人にとっては、日本食もミステリアスな文化の一つと映るのでしょう。和食がユネスコの無形文化遺産に選ばれ、世界各地に日本食レストランが増えてきたことにより、日本食ファンが世界で急速に増えているようです。

日本を訪れる目的の一つが日本食だそうです!

とはいっても、伝統的な和食だけが人気を集めているのではないようです。日本発祥ではないラーメンの人気が海外で急騰していることは、すでによく知られています。日本に本店を構えるラーメン屋さんや、海外に住む日本人が、手軽な料理としてラーメン店を積極的に出していることでにより、海外でも次第にラーメンの知名度が上がっています。彼らの多くが指摘するのは、ラーメンの奥深さです。特にスープにその人気の秘密があるようです。日本人特有の、とことんまで突き詰めるという姿勢がラーメンスープの完成度を極限にまで高めています。フランス料理のブイヨンに匹敵する味の深見を指摘する人は少なくありません。最近、日本を訪れる外国人が急増していますが、彼らの多くが日本で本物の日本食を楽しみにしているそうです。彼らの母国で食べる日本食が気に入り、日本で本物を食することが来日の重要な目的の一つになっているのです。

縮小する国内市場に拡大する観光分野を取り込む発想!

このような状況下で、飲食店が目指す一つの方向性として彼ら外国人を対象にしたマーケティングが挙げられます。観光バスが押し寄せるような観光スポットのレストランという意味ではなく、彼らが日常的に使うSNSで情報発信され、自然な形で海外でも知られる存在になる、といった経営戦略もありでしょう。世界を市場としてとらえ、派手な宣伝やコマーシャルに頼らず、来店する海外のお客さんが感動するような店づくりやメニューを提供するのも一つの方法でしょう。少子高齢化で縮小を続ける日本市場でも、世界をターゲットとした新しい経営戦略は十分可能です。インターネットとSNSというツールを活用すれば、簡単に世界市場とつながることは、すでに多くの飲食店が実証済みです。チャレンジしてみる価値は大きいのではないでしょうか。

飲食店の譲渡で自分の理想の価格で行いたい場合には、専門の業者に相談をすれば満足出来る結果も得られます。