こんなにも違う!男女が選ぶ賃貸物件の条件

男性と女性、賃貸物件の重要ポイントが違います

春先になると多くの人が一人暮らしを始めたり引っ越しをしたりと、賃貸物件が賑わう時期ですよね。しかし特に一人暮らしの場合、男女では選ぶポイントがとても異なるのを知っていますか?男性の場合、賃貸の物件を選ぶ際とても重要視するポイントが駅までの距離や、コンビニなどがあるかなど立地の周辺環境、と答える方が多いのです。部屋の間取りや新しさなどを気にする人もいますが、何階の部屋が良いとかオートロックなどの防犯面を気にする人は女性に比べて少ないといいます。

女性の一人暮らしは心配事がたくさん!

一方の女性のほうは賃貸物件選びの際、防犯面に関して慎重になるといいます。犯罪が起こりやすい一階はなるべく避ける、ドアはオートロックのものを選んだり防犯カメラがついている物件を選ぶなど、男性より多少高い物件を選んだり、駅までの距離を妥協したりする人が多いようです。犯罪に巻き込まれる賃貸物件の多くが女性なので、男性よりもセキュリティ面で慎重になるのは当然と言えそうです。また女性の方が比較的自炊をする人が多いため、コンビニよりスーパーが近い物件のほうが喜ばれるといいます。

男女でも賃貸物件を選ぶポイントが同じなものは…?

このように男性と女性では賃貸物件を選ぶ際、防犯面での意識などの差があるようです。それでも男女ともに気にするポイントは、やはり家賃などの金銭的問題。いくら駅から近くてもどんなに安全な物件でも、予想していた当初より予算がオーバーしてしまう場合、その物件をあきらめる人が大半です。またコンビニやスーパーがあることや、駅や会社までの交通機関を考慮して物件を選ぶのは男女共通です。希望を出せばきりがない賃貸物件ですが、自分が絶対に譲れないポイントを挙げて物件を探すことが上手な物件探しと言えそうですね。

憧れのタワーマンションで生活を始めたくなったら、札幌の賃貸マンションにしましょう。件数が多いので確実に見つけられます。