人気のローコスト住宅!!正しい坪単価とは!?

坪単価は原価と考えよう

近年ではローコストメーカーのつくる注文住宅というのが人気になっていますが、大手のハウスメーカーの注文住宅と比べて坪単価の考え方がまったく異なるというのを知っていますか。例えば、あるメーカーでは坪単価24.8万円を掲げていたものの実際にはほとんどの家がその価格では建たないのです。それでは詐欺ではないのかという声も聞こえてきそうですが、ローコストメーカーの場合は、坪単価を原価ととらえておきましょう。では、どうしてローコストメーカーの坪単価は原価になるのでしょうか。

あり得ない条件が前提となる

ローコストメーカーが打ち出す坪単価で実現させるためには制限条件というものがあり、例えば、土地は60坪以上で、基本設計図のままで隣地との距離は1メートルとれ、土地に高低差がなくて、地盤改良の必要がない、そのほか、既に設計図通りに水道管やガス管がはいっているなど、リアルに達成することが難しい条件が前提となっているんですね。通常は設計図に基づいてキッチンや浴室、トイレをどこに設けるかを決め、水道管やガス管を引き込みますから追加料金が発生してしまいます。

目安は坪30万から40万だが総合的判断して

もし、最初の坪単価が大手ハウスメーカーの注文住宅の目安の半分くらいの坪30万円だとして、30坪の家を建てたとすれば、900万円で、この程度の規模の家であれば追加費用は約400万円から500万円とみておくといいでしょう。仮に合わせて1300万円だったとしたら、最終的な坪単価は43万円となります。こうして価格が上乗せされていくわけですが、それでも多くのローコストメーカーは40万円をきるような調整はしてくれるのです。コストダウンの仕方はメーカーにより様々ですが、一定の施工水準には達していますので、生活するうえでの使用感やメンテナンスのしやすさ、保障内容も含めて検討するといいでしょう。

自分好みの家って憧れませんか?子供部屋が欲しい、庭付きがいいなど希望があれば注文住宅なら、好きなように建てることができます。