居抜き物件は良いけれど?チェックしたいポイント

立地条件は大丈夫かどうかをチェック

居抜き物件を選ぶ時には、チェックしないといけない所があります。例えば、初期費用を抑えられるというメリットばかり考えていると、思わぬ所で足元をすくわれることになるからです。まず立地状態は大丈夫なのか、お客様が来ない場所で無いかどうかをチェックしなければなりません。そのため、前のお店がどうして閉店したのかを細かくチェックする必要があります。もしその部分をおざなりすると、同じような失敗をすることになるので注意が必要です。

設備がそのまま使えるかチェック

居抜き物件の良い所は、前のお店の設備をそのまま引き継げるのがポイントです。だからこそ初期費用を抑えられますし、同時にオープンまでの時間を省く事が出来ます。しかし内装や設備等を見た時に、自分の業種でそのまま使用出来るかどうかは考えなければなりません。あまりに違和感がありますと、雰囲気を損なう事も出来るのです。トラブルになってしまわないようにその点はちゃんとチェックをしておかなければなりません。そうする事で失敗を防げます。

設備や動線は使えるかチェックしましょう

同業種で、そのまま設備も使えるし、外装も内装も違和感が無いお店はそのまま居抜きで開業したいと考えてしまうのは当然です。ただし注意点として、動線等は良いのかどうかは確認が必要となります。前、経営されていた方にとっては良かったけれど、自分ではちょっと違和感があるとなると、仕事にも影響をもたらすのです。さらに、設備についても、使い勝手は良いのかどうかもチェックしなければなりません。その部分を考えて居抜きにするかどうか考えましょう。

居抜きの店舗物件は改装工事の手間を省いて営業できる利点があります。その一方で店内の構造と業種が合致している必要があるので物件選びは慎重に行うように心がけます。